PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | | TOP↑

≫ EDIT

ガレージキット製作 筆塗り編② 塗装編

わたしは目以外はエアブラシでの塗装しかしたことがないので、
リンク紹介による提案となってしまうのですが…なにかのヒントになればと思います。
工具類の説明にわかりやすいサイトがありました。
http://www.1mokei.jp/tool_image/index.html

★塗装レシピは2015年10月7日の記事をご覧下さい。
http://ice9garage.blog7.fc2.com/blog-entry-195.html
換気してくださいね!

★全体塗装用の道具
 ラッカー塗料
 ラッカー溶剤
 筆(お好みのサイズでどうぞ)
 つや消しクリアースプレー缶(お好みで)
 エポキシ系接着剤(セメダインハイスーパーなど)丈夫で少しはみ出しても白化しづらいです。

★目の筆塗り塗装用の道具
xDSCF5277.jpg
 面相筆(描く用と拭き取り用2本)
 エナメル塗料
 エナメル溶剤(薄め用、筆洗浄用)
 パレット
 先の細い綿棒(拭き取り用)

1.目以外をラッカー塗料で筆で塗装する
 失敗したらラッカー溶剤液に漬ければ塗装がはがれるのでやりなおしができます。
 Joshinのプラモデルの記事にて詳しく解説されています。
 http://joshinweb.jp/hobby/plamo_8.html

2.目をエナメル塗料で描く
 黒でざっくりラインを描き、溶剤を含ませた筆で少しずつ拭き取って細いラインにしていきます。
 (こちらの肌はエアブラシで塗装しています)
xtosou04.jpgxtosou05.jpg
 ざっくり線を引いた後、向かって右目を整えました。
xtosou06.jpgxtosou07.jpg
 赤を入れようとしたら黒が太かったのでさらに黒を細くしてから赤を入れました。
 アイラインが整ったら黒目を入れます。
 黒目も何度か描き直すことになるので、アイラインをキープしたい場合は
 黒目を入れる前にラッカークリアー光沢のスプレーを吹いて保護する(閉じる)と良いです。
 閉じるとそれまでの作業はやり直しできなくなるので慎重に決めてください。
 ときどき前髪をかぶせて目線と目の焦点をチェックします。
 途中までの写真しかなくてすみません(;´Д`)
 あんなさんの太郎太刀の記事が詳しくてわかりやすいです。
 http://blog.livedoor.jp/anna_nyan/archives/8321024.html

3.エポキシ系接着剤で首と髪の毛以外接着していく
 落ち着いて接着剤がはみ出さないように接着していきましょう。

4.首のアルミ線を必要な長さにカットし、胴に差し込んで角度を決める
 にっかり青江は髪の毛が角度によっては体にぶつかってくるので
 髪の毛をかぶせて様子を見ながら曲げてください。
 角度が決まったら接着せずに差し込んでおくだけにしておいたほうが良いかも。
 にっかりさんは特に髪を接着したあとに最後に首を差し込むほうが良いです。

5.つや消しスプレーを髪の毛以外の全体に軽く吹く
 足の裏にあけた穴に1mmのアルミ線をさし、それを持ち手にして吹きます。
 アルミ線が重さに耐えられなさそうでしたら他の硬くて細いもので代用してください。
 吹きすぎると塗料が流れてしまうので様子を見ながら。

6.エポキシ系接着剤で髪の毛を接着する

7.髪の毛付近につや消しスプレーを軽く吹く

8.台座とアルミ線で繋いで立てて完成です!

※つやがあってもそれはそれでかわいいと思うので
 つや消しじゃなくても良いという方は、つや消しスプレーは省略して
 塗って接着していってください。

※首を差し込むとき、塗料がはがれることがありますが
 ほんのちょっとだけ見える部分の塗料が残っていればいいので、気にしない方向で。
xkubihagare.jpg
首をよーく見ると塗装が割れています。

★紹介
 沖田組を製作されている「あそぶね」さんのブログにて、
 アクリルガッシュでの筆塗りが紹介されいています。
 http://asobune.blog120.fc2.com/blog-entry-2281.html
みなさまの扱いやすい塗料で塗ってください。

| ガレージキット製作 | 17:46 | | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。