PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | | TOP↑

≫ EDIT

ガレージキット製作 エアブラシで塗装編② 塗装

xtosou01.jpg
持ち手をさしているのは家にあったスチレンボードを2枚重ねて穴をあけたものです。
発泡スチロールなど、てきとうなものを使ってください。
持ち手は軸穴にあわせて1mm、1.5mmの線、つまようじなどを使っています。
(つまようじは途中で折れて取り出せなくなったりするので気をつけてください。)
換気してください。

必要なもの:
★エアブラシ塗装用(ラッカー塗料)(写真は一部です)
xtoryo01.jpg
ガイアカラーhttp://www.gaianotes.com/products/
Mr.カラーhttp://www.mr-hobby.com/itemDetail.php?iId=87
ラッカーシンナー(溶剤・薄め液)
メタルプライマー(マルチプライマー) 
 (乾燥してもぺたぺたする場合、そのままだとほこりがつきやすいので
 すかさず光沢クリアーを吹いておきましょう。)

マスキングテープ
デザインナイフ(刃を新しいものに替えておくと良いです)
カッターマット
細めのピンセット(小さく切ったマスキングテープをつまみ取る用)
エポキシ系接着剤(セメダインハイスーパーなど)丈夫で少しはみ出しても白化しづらいです。
Mr.マスキングゾルNEOもあると便利
つまようじ
塗装用マスク

★目の筆塗り塗装用(写真は一部です)
xDSCF5277.jpg
面相筆(描く用と拭き取り用2本あると便利)
エナメル塗料
エナメル溶剤(薄め液)
パレット
先の細い綿棒(拭き取り用)

★塗装手順

1.エアブラシで塗装する

塗装する順番について
 基本的には薄い色から、または段差が低いところから、というかんじです。
 場合によっていろいろなので、考えてみてください。
 今回はこんなかんじで。

にっかり:
 全体にプライマーを吹いて目をマスキング
 体に隠ぺい力の高い白(ガイアカラーExホワイトなど)を塗ってジャージのラインをマスキング
 肌色(顔、手)を塗って手をマスキング(顔はこの時点で置いておきます。あとで目を筆塗り)
 体のジャージ紺色を塗ってマスキングしてブーツの黒
 熊手を筆塗り(筆塗りの場合は熊手を持っているほうの手はマスキング不要)
 髪→髪シャドー
 台座の桜→桜シャドー

石切丸:
 全体にプライマーを吹いて目をマスキング
 肌色(顔、手)を塗って手をマスキング(顔はこの時点で置いておきます。あとで目を筆塗り)
 着物の袖にかかっている肌色がけっこう強いので
 白を軽く吹いて肌色をおさえてから着物色塗装(真っ白になるほどは吹かなくていいです)
 帯の黄色→マスキングして紐の白
 袴→袴シャドー
 髪→髪シャドー
 台座の桜→桜シャドー
 足袋を筆塗りでホワイト(はみ出したら、はみ出した部分に袴の色を筆で塗って修正。
 (飾るとほぼ見えないので気にしなくても良いかと)
 草履は目の塗装をするときに筆塗りでエナメル黒

◆マスキングについて
 色の塗りわけをしたいときにマスキングテープを切り貼りしてマスキングをします。
 こちらで詳しく解説されています。http://www.1mokei.jp/html/work_11.htm
 手など立体的でテープを貼りづらい部分はマスキングゾルを使うと便利です。

◆色の塗装が終わったらマスキングを剥がしてから、
 顔に光沢クリアーを吹いておきます。
 目を筆塗りするときにはみだした部分をきれいにふきとりやすいです。

◆下処理がうまくいっていないと
 マスキングを剥がしたときに塗料を持っていかれてはがれてしまって愕然とします。
 下処理を丁寧にしましょう…。

2.エナメルで目を塗装する
 黒でざっくりラインを描き、溶剤を含ませた筆で少しずつ拭き取って細いラインにしていきます。
xtosou04.jpgxtosou05.jpg
 ざっくり線を引いた後、向かって右目を整えました。
xtosou06.jpgxtosou07.jpg
 赤を入れようとしたら黒が太かったのでさらに黒を細くしてから赤を入れました。
 アイラインが整ったら黒目を入れます。
 黒目も何度か描き直すことになるので、アイラインをキープしたい場合は
 黒目を入れる前にラッカークリアー光沢のスプレーを吹いて保護する(閉じる)と良いです。
 閉じるとそれまでの作業はやり直しできなくなるので慎重に決めてください。
 ときどき前髪をかぶせて目線と目の焦点をチェックします。
 途中までの写真しかなくてすみません(;´Д`)
 あんなさんの太郎太刀の記事が詳しくてわかりやすいです。
 http://blog.livedoor.jp/anna_nyan/archives/8321024.html

3.墨入れをする
 眉毛や口、にっかりジャージの真ん中のラインなどをエナメルで墨入れします。
xtoryo03.jpgxtoryo04.jpg
 丸で囲んである部分など、要所に線を入れるとくっきりした仕上がりになります。
 マスキングの複雑な部分もエナメルで修正したりします。見えにくいところはほどほどで…。
 こちらで詳しく解説されています。http://www.1mokei.jp/html/work_50.html

4.全体につや消しクリアーを吹く

5.最後に目だけエナメルクリアーで光沢を出す

6.組み立てる
※首を差し込むとき、塗料がはがれることがありますが
 ほんのちょっとだけ見える部分の塗料が残っていればいいので、
 気にしなくても大丈夫です。
xkubihagare.jpg

以上です。次はパステルの紹介をします~。

| ガレージキット製作 | 16:29 | | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。